広島は明大・森下の1位指名公表 佐々岡新監督「ホレました」 大一番は“勝負下着”で出陣

[ 2019年10月17日 05:30 ]

プロ野球ドラフト会議 ( 2019年10月17日 )

明大・森下の1位指名を明言する広島・佐々岡監督(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 広島は16日、東京都内のホテルで最終のスカウト会議を開き、明大・森下暢仁投手(22)を1位指名すると公表した。初参加した佐々岡真司新監督(52)が即戦力投手を希望し、全会一致で決めた。直球はMAX155キロを誇り、多彩な変化球を制球よく操る右腕。複数球団の競合は必至で、抽選初参戦の指揮官は「引き当てたい」と力を込めた。

 午後4時から東京都内のホテルで約1時間半に渡って開かれた最終スカウト会議。スーツ姿で初参加した佐々岡新監督は終了後、17日のドラフト会議で1位指名する選手の名前を公表した。

 「自分の意見を聞いて頂き、即戦力の投手で行くことになりました。明治の森下くん。スピードはあるし、コントロールもいい。そこにホレました」

 10月初旬の会議で森下、星稜・奥川、大船渡・佐々木の3人に絞られた1位候補。松田オーナーは佐々木を高評価していたが、最終的に現場を預かる指揮官の意向を尊重した。非公表の方針が一転、公表に踏み切った理由には「気持ちは一つなので」と説明。熱意と誠意を示した形だ。

 森下は即戦力投手の中でもナンバー1の誉れが高い。明大では2年秋から主戦を務め、2年時から3年連続で選ばれた大学日本代表でもエースを担った。直球は最速155キロ。他にカーブ、カットボール、チェンジアップなどを制球よく操る。

 「変化球が多彩で、カットボールでカウントが取れる。直球が走っていなくても試合の中で修正できる」と苑田スカウト統括部長。他球団との競合は必至とみられ、その場合は佐々岡新監督が入札抽選に初参戦する。

 「競合は覚悟の上。くじ運? どうなんでしょう。どっちにしろ(当たりを)引き当てたいと思っています」

 既に事前準備は整えている。ゲン担ぎには現役時代からこだわっており「新しいものを2種類用意している。朝の気分で決める」と新しい勝負下着で大一番に臨む。右手で引くか、左手か…も「決めています」と白い歯を見せて言い切った。

 広島がドラフト1位指名を公表するのは、17年の広陵・中村奨成以来。当たりクジを引き当てた暁には、指揮官直々に黄金右腕の元へ足を運び、指名あいさつする予定だ。
(江尾 卓也)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月17日のニュース