ソフトバンク「バランスよく指名できた」 即戦力・佐藤に期待「外野レギュラー争いできる」

[ 2019年10月17日 20:44 ]

プロ野球ドラフト会議 ( 2019年10月17日 )

<2019年ドラフト会議>1巡目指名の抽選で東邦・石川昴弥の交渉権抽選を外し悔しがるソフトバンク・工藤監督(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクは投手2人、捕手1人、野手2人とバランスのいいドラフトとなった。1位指名で競合した東邦・石川を外したが、即戦力外野手のJR西日本・佐藤の交渉権を獲得した。

 永井智浩スカウト部長は「全体的にいいドラフトができた。(佐藤は)外野のレギュラー争いができる」と期待を寄せた。同スカウト部長は、1位指名について「スカウトの中では(石川は)夏前くらいに決めていた。野手で行きたいなと思っていた」と説明。「1位が外れたのは残念だが、バランスよく指名ができた」と納得の表情だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月17日のニュース