青森山田・堀田 爆発的に成長した151キロ右腕、佐々木&奥川級の力秘める

[ 2019年10月17日 09:00 ]

プロ野球ドラフト会議 ( 2019年10月17日 )

急成長を遂げた青森山田・堀田
Photo By スポニチ

 【17日ドラフト会議 隠れた逸材ファイル(5)青森山田・堀田賢慎投手】爆発的な成長を遂げてついに上位指名候補に上り詰めた。大船渡・佐々木、星稜・奥川にも匹敵するとスカウトをうならせた青森山田の堀田はドラフトを直前に控え「ドキドキしています。楽しみです」とはにかんだ。

 岩手県出身。花巻リトルシニア時代から癖のないフォームに定評があった。しかし、当時は最速130キロにも満たず「地元の高校でやろうかなと思っていた」。しかし、青森山田から声がかかり進学を決断。当時は64キロと細身で1年時は体ができるまでは1イニング限定、ブルペンでも30球と大事に育てられた。昨夏青森大会は八戸学院光星・武岡に2打席連続で被弾し敗戦。「甘えがあった。直球だけでは通用しない」と闘志に火がついた。冬には食トレを敢行。3食に加え、練習中にプロテインやバナナ、寝る前には餅を食べて16キロ増の80キロとし、最速は151キロに到達した。今夏青森大会は力を出し切れずノーシードの八戸学院光星に3回戦で敗れた。しかし、成長の途中。甲子園未出場ながら無限の可能性にほれ込んだスカウトが続々と練習視察に訪れた。

 「メジャーのトレーニング方法を動画で見て憧れを持った。プロでトップレベルの選手になって、いつかメジャーにも挑戦したい」。大きな夢を抱き、17日、運命の時を待つ。(ドラフト取材班)=終わり=

 ◆堀田 賢慎(ほった・けんしん)2001年(平13)5月21日生まれ、岩手県出身の18歳。小1から野球を始め、花巻リトルシニアでは3年夏に全国大会出場。青森山田では1年秋からベンチ入りし、2年秋からエース。家族は両親と兄。父・郁雄さんは花巻東野球部OB。1メートル85、80キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月17日のニュース