中大 立正大に先勝、04年秋以来の優勝へ前進 4番・牧「ワクワクしながらやってます」

[ 2019年10月17日 05:30 ]

東都大学野球 第6週第1日   中大5―3立正大 ( 2019年10月16日    神宮 )

<中大・立正大>7回1死二、三塁、左前適時打を放つ中大・牧(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 中大は04年秋以来のリーグ優勝へ前進した。同点の7回1死二、三塁で牧が左前2点打。「真っすぐを狙っていた。前の打席で内角真っすぐを打てなかったから絶対来ると」。5回1死一、二塁で詰まらされ三飛に倒れた雪辱を果たした。

 昨春秋とも1部最下位に沈んだ低迷期を乗り越え巡ってきたチャンス。「ワクワクしながらやってます」と4番は張り切っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月17日のニュース