楽天「隠し玉」にハワイ大・山崎内野手が浮上 右投げ左打ちの大型遊撃手

[ 2019年10月17日 05:30 ]

プロ野球ドラフト会議 ( 2019年10月17日 )

ハワイ大学の山崎真彰内野手(ハワイ大学HPから)
Photo By スポニチ

 楽天が「隠し玉」として、ハワイ大・山崎真彰内野手(4年)の指名を検討していることが16日、分かった。東京都出身で、1メートル83、86キロと恵まれた体格を誇る右投げ左打ちの大型遊撃手だ。

 高校時代は石井一久GMの母校でもある東京学館浦安でプレーし、千葉県選抜として米国遠征の経験もある。東京国際大に進学したが中退し、ハワイ大に編入。米西海岸の大学リーグにあたる「オール・ビッグ・ウエスト」で2年連続でベストナインに相当するタイトルを獲得した。

 選球眼がよく、2年間の通算打率は3割台をマークし、パンチ力も魅力だ。守備では本職の遊撃手に加え、二塁守備もこなせる。今年6月のMLBドラフトの指名候補にも挙がっていたほどの逸材で、指名こそされなかったが、異色の「逆輸入野手」としてサプライズ指名があるか注目される。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月17日のニュース