落合博満氏 ドラフト1位候補・奥川、佐々木に「将来的に見れば…」

[ 2019年10月17日 14:51 ]

落合博満氏
Photo By スポニチ

 元中日監督の落合博満氏(65)が16日放送のMBSテレビ「戦え!スポーツ内閣」(水曜後11・56)に「野球総理大臣」としてVTR出演。17日午後に行われるプロ野球のドラフト会議について言及した。

 1位候補の星稜高・奥川恭伸、大船渡高・佐々木朗希投手について落合氏は「時間かかるでしょ、恐らく。彼らが1年目からばりばりやってくれなきゃいけないっていうチーム事情じゃ困るよ」とし、「無理をするってことでしょ。佐々木は特にね、投げてないわけだから。引っかかる右のマメね、どういう状況なのか。まあ将来的に見ればきちんとローテーション入ってくるようなピッチャーにはなるとは思うんだけども、今すぐなのって言われたら(2人は)クエスチョンマークつくんでね」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月17日のニュース