巨人“茨城のバレンティン”常総学院・菊田を3位指名 高校通算58発の大砲

[ 2019年10月17日 18:19 ]

常総学院の菊田拡和外野手
Photo By スポニチ

 プロ野球のドラフト会議は17日に東京都内で開催され、巨人が3位で常総学院の菊田拡和外野手(18)を指名。交渉権を獲得した。

 「茨城のバレンティン」の異名をとる右の長距離砲。1メートル82、90キロの恵まれた体格から繰り出す豪快なスイングで高校通算58本塁打まで積み上げた。ヤクルトの橿渕聡スカウトグループデスクも「貴重な右の強打者で、高校生離れのパワーが魅力」と評価する逸材だ。

 落ちる球など変化球に弱い部分があったため、西武・山川の打撃フォームを動画で研究。加えて筋力トレーニングと水泳にも取り組み肉体改造に成功し、今年3月の以降だけで20本以上の本塁打を量産した。

 自身初の甲子園出場を目指した今夏は茨城大会準々決勝で常磐大高に5―6の惜敗。5回に左翼スタンドへ一時リードを広げる2ランを放ったが、後半に逆転を許した。4試合で記録した3安打は本塁打2本に二塁打1本とすべて長打。持ち味は発揮したが、プロでは確率を上げるフルスイングを目指す。

 ▼菊田 拡和(きくた・ひろかず)2001年(平13)7月23日生まれ、茨城県土浦市出身の18歳。1メートル82、90キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月17日のニュース