広島 堂林 二塁で居残り特守「足の運びが違う」

[ 2019年10月17日 05:30 ]

二塁で居残り特守を受ける堂林
Photo By スポニチ

 マツダスタジアムでの秋季練習に参加する広島の堂林が、今秋初となる二塁での居残り特守に励んだ。約30分間、山田内野守備走塁コーチのノックを受けた。捕球後の二塁送球に加えて、併殺を想定した一塁送球を入念に反復。「足の運びが違う。併殺ならしっかりと捕らないといい送球もできない」と振り返った。

 昨秋、二塁に初挑戦しながら今季の出場機会はなかった。一方、三塁への再挑戦で起用策が広がり、「まだ出られる段階ではないけど、最終的にやれればいい」と前向きに捉えた。

 今秋は、西川や磯村が内野に挑戦中。高ヘッドコーチは「みんなにいろんなポジションをやってもらう。紅白戦でもよければ春にもつながる」と、実戦でも適性を見極めていく方針だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月17日のニュース