午後5時からドラフト 佐々木、奥川はどこへ?12球団1位予想&補強ポイントを総まとめ

[ 2019年10月17日 14:55 ]

大船渡の佐々木朗希投手
Photo By スポニチ

 プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)はきょう17日午後5時から、都内ホテルで開かれる。最大の注目は最速163キロ右腕、大船渡・佐々木朗希投手(17)で、6球団による争奪戦が予想されるが、12球団のドラフト1位指名予想と補強ポイントをまとめてみた。

 <巨人>1位指名予想 奥川恭伸投手(星稜)

・補強ポイント (1)即戦力投手(2)将来性ある捕手

 先発投手で規定投球回到達は15勝の山口1人。腰痛で離脱した菅野が11勝を挙げたが、桜井8勝、新人の高橋が5勝で、現場は即戦力投手を希望している。阿部の今季限りでの引退に伴って、近未来の正捕手候補も欲しい。

 <DeNA>1位指名予想 森下暢仁投手(明大)

・補強ポイント (1)近未来エース(2)内野陣強化

 5年連続で大卒の即戦力投手を獲得中。若手投手陣の突き上げへ、チームの顔にもなれる近未来のエース候補獲得を目指したい。ロペス、宮崎、大和が30代で、二塁手は固定できなかった内野陣の強化も必要となるだろう。

<阪神>1位指名予想 奥川恭伸投手(星稜)

・補強ポイント (1)次代のエース(2)高校生内野手

 20歳代の投手は数多くいるものの一歩抜け出す存在がいないのが現状だ。野手は全体的に年齢層が高く5年先、10年先を見据えると高校生内野手は必要。鳥谷が去ったなかで将来のスター候補となる金の卵も欲しいところ。

<広島>1位指名(公表) 森下暢仁投手(明大)

・補強ポイント (1)即戦力投手(2)中軸担う打者

 大瀬良、ジョンソンをのぞくと先発陣は駒不足。終盤の試合運びにも安定感を欠き、今季V逸の一因となった。即戦力投手を補強し、底上げを図りたい。野手はFA菊池涼の動向が気になるが、中軸を打てる打者が欲しい。

<中日>1位指名(公表)石川昂弥内野手(東邦)

・補強ポイント (1)エース候補(2)長距離打者

 先発陣は若手の台頭で頭数こそいるが一年間活躍できる戦力かは未知数。毎年2桁勝利できるエースは不在だ。さらに外野手は大島、平田がいずれも30歳を超えており、次代のレギュラーが枯渇。特に長距離打者が欲しい。

<ヤクルト>1位指名(公表) 奥川恭伸投手(星稜)

・補強ポイント (1)即戦力投手(2)外野手

 今季のチーム防御率4・78、739失点は12球団ワースト。勝ち頭は39歳の石川の8勝とベテランに頼らざるを得ない状況を打破したい。外野のレギュラーは青木、雄平、バレンティンで全員が35歳超。世代交代は急務だ。

<西武>1位指名(公表) 佐々木朗希投手(大船渡)

・補強ポイント (1)手薄左腕強化(2)バランス重視

 防御率4・35はリーグワーストで投手補強は必須。エース候補に加え、手薄な左腕も獲得したい。森に続く捕手、来年37歳の三塁・中村の後釜、秋山がメジャー移籍となれば外野手など、下位指名含めバランスを取りたい。

<ソフトバンク>1位指名予想 佐々木朗希投手(大船渡)

・補強ポイント (1)三塁手“後釜”(2)外野の若返り

 ここ数年間、野手はレギュラーが固定されているが、来年37歳となる三塁手の松田宣、同じく38歳になる内川の後釜の獲得、育成は不可欠だ。外野は年齢構成が高くなってきており、新人を加入させて競争を激化させたい。

<楽天>1位指名予想 佐々木朗希投手(大船渡)

・補強ポイント (1)中軸担う内野(2)即戦力左腕

 将来のチームの中心になり得る野手獲得は不可欠。特に中軸を担える内野手は補強ポイントとなる。投手陣では岸、則本昂に続く先発投手も整備したいところ。先発、中継ぎともに、即戦力で、しかも左腕の補強は急務だ。

 <ロッテ>1位指名(公表) 佐々木朗希投手(大船渡)

・補強ポイント (1)エース候補(2)捕手強化

 来季26歳になる田村にはライバル、後継者が不在。即戦力、高校生など複数の捕手指名も視野に入る。今季、ホームランラグーン新設で本塁打が急増。17年1位・安田とクリーンアップを張れる右の大砲候補も見つけたい。

<日本ハム>1位指名(公表) 佐々木朗希投手(大船渡)

・補強ポイント (1)先発完投型(2)二遊間の内野

 計算できる先発完投型は今季15勝で最多勝のタイトルを獲得した有原と昨季11勝で今季は故障で5勝止まりだった上沢のみ。将来性のある高校生だけでなく、即戦力も指名する可能性が高い。二遊間を守れる内野手も手薄。

<オリックス>1位指名予想 佐々木朗希投手(大船渡)

・補強ポイント (1)エース候補(2)右の大砲

 山本、榊原らの台頭で先発投手にめどが立っただけに次世代のエース候補が欲しいところ。野手も吉田正に続く大砲候補がターゲット。チームに少ない右打ち外野手の優先度は高い。欲を言えば若月と争える捕手も欲しい。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月17日のニュース