6年連続ドラ1は大学投手か…DeNA 明大・森下が有力 広島と一騎打ちの様相

[ 2019年10月17日 05:30 ]

プロ野球ドラフト会議 ( 2019年10月17日 )

明大の森下暢仁
Photo By スポニチ

 DeNAは横浜市内でスカウト会議を行い、三原一晃球団代表は改めて「最終決定は当日、情報収集をした上で決めます」と最後まで他球団の動向を探る意向を示したが、大学No・1の155キロ右腕・森下を指名することが有力となった。指名を公表した広島と一騎打ちの様相だ。

 森下はこの日練習予定だったものの、前夜からへんとうが腫れ、40度近くの高熱に見舞われて欠席。寮で静養し「もう熱は下がってきたので大丈夫です。どの球団に選んでいただけるのか楽しみにしたい」とコメントした。

 大分商時代にはU18日本代表入りし、ドラフト上位候補の呼び声が高かった。だが、さらなる飛躍を誓って明大進学を選択。2年時から3年連続で大学日本代表入りし、今年は主将も務めて全日本大学選手権優勝を達成した。「自信を持って投げられる球も増えたし、大学から堂々とドラフト1位で行ければ」と抱負を口にする。

 DeNAは過去5年続けて大学生投手を1位指名し、いずれも1軍で1年目から活躍。森下についてはスカウト全員でクロスチェックを複数回行うなど入念に視察してきた。競合の際のクジ引き役は16年に2度外しているラミレス監督が務める。「話題になっている選手が何人かいて、どの選手も高いレベル」と話す指揮官が、自らの右腕で初めての当たりクジをゲットする。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月17日のニュース