ナショナルズ、初のWS進出 カージナルスに4連勝 MVPは4打点のケンドリック

[ 2019年10月17日 02:30 ]

ナ・リーグ優勝決定シリーズ第4戦   ナショナルズ7―4カージナルス ( 2019年10月15日    ワシントン )

<ナショナルズ・カージナルス>球団史上初のワールドシリーズ進出を決め、喜ぶナショナルズのナイン(AP)
Photo By AP

 ナショナルズが4連勝を飾り、1969年創設の前身エクスポズ時代を含め、球団初のワールドシリーズ進出を決めた。ワイルドカードからの快進撃。

 デーブ・マルティネス監督は表彰式で「でこぼこ道を経て、美しい場所にたどり着くもの。ここは素晴らしく美しい場所だ」と語り、4万3976人のファンから大歓声を浴びた。

 初回にわずか5球で先制した。その後も打線がつながり、リーグ優勝決定シリーズでは史上初の初回7得点。左腕コービンが5回4失点ながら12奪三振の力投を見せ、6回以降は継投で逃げ切った。

 MVPは36歳の二塁手ケンドリック。この日は無安打も、今シリーズ通算打率・333(15打数5安打)、4打点と勝負強さが光った。06年からエンゼルスで9年間プレーし、その後は移籍を繰り返した。昨季は右アキレス腱断裂でシーズンを棒に振ったメジャー14年目のベテランは「体を元に戻すことに集中したし、チームメートが支えてくれた。このチームで良かった」と感慨深げに話した。(奥田 秀樹通信員)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月17日のニュース