【京都】立命館宇治、龍谷大平安にリベンジ 甲子園出場に王手

[ 2019年7月26日 12:33 ]

第101回全国高校野球選手権京都大会 準決勝   立命館宇治5―2龍谷大平安 ( 2019年7月26日    わかさスタジアム京都 )

<龍谷大平安・立命館宇治>立命館宇治・高木は力投する(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 昨夏の京都大会決勝と同カードとなった一戦は立命館宇治が龍谷大平安を破り、リベンジを果たした。

 2回に1点を先制されたが、3回に「2番一塁」の岡田蒼司(2年)が2死一、三塁から同点の右越え適時二塁打を放つと、さらに2死二、三塁から相手の適時失策で勝ち越し。5回にも相手の失策が絡んで1点を加えた。8、9回にも細かく加点した。

 「8番投手」で先発したエース左腕の高木要(3年)は強気に内角を突く投球で9回2失点で完投。「宇治」時代の82年以来37年ぶり、「立命館宇治」としては初の夏の甲子園出場へ王手をかけた。

 今春選抜8強の龍谷大平安はミスが得点に直結し自滅。計4失策と守備陣が崩れ、原田英彦監督(59)は「平安の守備というのはこんな守備じゃない。夏の甲子園のグラウンドに立たせてやりたかった。負けは負け」と声を詰まらせた。甲子園出場は昨夏から2季連続で途絶えた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月26日のニュース