松坂、大船渡監督采配に理解「宝物を壊すわけには」

[ 2019年7月26日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 岩手大会決勝   大船渡2―12花巻東 ( 2019年7月25日    岩手県営 )

<大船渡・花巻東>試合前、キャッチボールをする大船渡・佐々木(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 「平成の怪物」が「令和の怪物」の敗戦を残念がった。98年の甲子園で春夏連覇を達成した中日・松坂は、「高校野球ファンとしては(佐々木を)甲子園で見たかった」。連投を避けた起用方法には「難しい判断だったと思う。宝物を壊すわけにはいかないし」と理解を示した。

 163キロ右腕は今秋ドラフトの超目玉。プロの舞台での2人の投げ合いに期待が懸かるが、「それはまだ早いですね。僕がやっているか分からないし」と、まずは27日のDeNA戦(ナゴヤドーム)先発に集中していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月26日のニュース