阪神ソラーテ衝撃デビュー 昇格即スタメンで決勝弾「チャンス与えてくれたタイガースに感謝」

[ 2019年7月26日 21:58 ]

セ・リーグ   阪神4―2巨人 ( 2019年7月26日    東京D )

7回2死一塁、ソラーテは来日初本塁打となる勝ち越し2ランを放つ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 この日1軍登録されたばかりの阪神・ソラーテが7回に決勝2ラン。一夜にして虎党の心をがっちりとつかんだ。

 来日初安打が決勝アーチの離れ業。衝撃デビューを果たした米通算75発の助っ人は「チャンスを与えていただいたタイガースに感謝したい」と謙虚に話した。

 初回の第1打席でも先制点につながる四球を選び、7回の第3打席で豪快な来日1号。「なんとか勝利に貢献しようと集中して打席に入った。たくさんのファンの前で打つことができてうれしい」と笑顔がこぼれた。

 遊撃での先発出場となったが、8回からは二塁の守備にも就いた。「どのポジションを任されても全力で頑張りたい」と誓っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月26日のニュース