阪神・ソラーテ 名刺代わりの一発!来日初出場で特大1号

[ 2019年7月26日 20:55 ]

セ・リーグ   巨人―阪神 ( 2019年7月26日    東京D )

<巨・神>7回2死一塁、ソラーテは左越えに勝ち越し2ランを放つ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 名刺代わりの一発とはこのことだ。来日初出場となった阪神のヤンハービス・ソラーテ内野手(32=マーリンズ傘下)が巨人戦の7回、左翼ポール際への特大1号を放った。

 2―2の7回2死一塁。初めて経験する阪神ファンの熱い声援を背に打席に入ると、田口の3球目のスライダーを完ぺきに振り抜いた。高々と舞い上がった打球は、虎党が埋めた左翼スタンドの上部にある2階バルコニー席に飛び込んだ。

 全力疾走で三塁を回ると、右手を突き上げながらジャンプ。21日の来日から5日後という強行出場で、見事に結果を出した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月26日のニュース