【大阪】桜宮の夏、終わる 北風監督「ええ試合をたくさんありがとう」

[ 2019年7月26日 12:51 ]

第101回全国高校野球選手権 大阪大会準々決勝   履正社2―0桜宮  ( 2019年7月26日    南港中央 )

 阪神・矢野監督の母校、桜宮の夏が終わった。3年ぶりの8強入りで、勢いに乗った選手は、履正社の左腕エース清水にフルスイングで対抗したが、結果は散発3安打に終わった。

 履正社・岡田龍生監督(58)とは日体大で同期で、今も親交が続いている北風和樹監督(58)は「ええ試合をたくさんありがとう。履正社は強かったけど、強い相手がいるから成長できるんや。いいことも悪いことも、力に変えていこう」と試合後のミーティングで訓示。最後はチーム全員、保護者、応援団も加わっての「よっしゃー」ポーズで締めくくっていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月26日のニュース