ヤクルト・バレンティン 球団タイ5戦連発!大瀬良撃ち21号2ラン

[ 2019年7月26日 20:27 ]

セ・リーグ   ヤクルト―広島 ( 2019年7月26日    神宮 )

<ヤ・広>6回1死一塁、バレンティンが左越えに2ランを放つ(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 バレンティンが自己最長タイとなる5試合連続アーチを放った。

 6点を追う6回1死一塁。大瀬良の甘く入った135キロのカットボールを「うまくバットに乗せることができた」と左翼へ。スタンド中段への21号2ランだ。

 初回2死二塁の第1打席は空振り三振。4回無死一塁では遊ゴロ併殺打に倒れていたが、これで17年7月以来の5戦連発。球団タイ記録ともなった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月26日のニュース