巨人・原監督、佐々木を「甲子園の舞台で見てみたかった」

[ 2019年7月26日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 岩手大会決勝   大船渡2―12花巻東 ( 2019年7月25日    岩手県営 )

<大船渡・花巻東>試合前、キャッチボールをする大船渡・佐々木(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 巨人・原監督は「本人と監督さんを含め、苦渋の決断をしたのではないかと察する。どういう決断をしても、彼と皆さんで決断したことが正しかったと思う」と大船渡・佐々木の温存に理解を示した。

 巨人は佐々木を1位候補に挙げている。実質的な編成権も持つ原監督は「例えようのない選手。ぜひ甲子園の舞台で見てみたかったのが率直な意見」と印象を口にした。

 《柏田スカウト「今後も注目」》スタンドには国内6球団のスカウトが集結。佐々木が投げなかったことに、中日の八木智哉スカウトは「日本の宝になる投手。彼の人生を考えれば(国保)監督の判断に敬意を表したい」。巨人の柏田貴史スカウトは「甲子園では見られないけど、U18日本代表もあるし、今後も注目したい」と徹底マークをする姿勢を明かした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月26日のニュース