大坂 初の始球式、マエケン&大谷と“共演”「とても上手」

[ 2019年7月26日 02:30 ]

インターリーグ   ドジャース2―3エンゼルス ( 2019年7月24日    ロサンゼルス )

<ドジャース・エンゼルス>始球式を務める女子テニスの大坂
Photo By 共同

 女子テニスでシングルス世界ランク2位の大坂なおみ(21=日清食品)がドジャース―エンゼルス戦で自身初の始球式を務めた。97年生まれにちなみ背番号97のユニホーム姿で、捕手役のド軍・前田へノーバウンドでストライクを投げた。

 昨年11月のイベントでは錦織圭と好みの異性のタイプを告白し合い、「顔だけね」と前置きしつつ「大谷」とはにかんでいた大坂。前田やエ軍・大谷らと記念撮影に納まり「2人には会ったことがなく今日が初めて。野球は詳しくはないけど、とても上手なのだと思う」と英語で話して周囲を笑いに包んだ。

 約1カ月後に迫る全米オープン連覇に向けては「楽しくプレーできれば」。20年の東京五輪は「リオデジャネイロでプレーできなかったので楽しみにしている」と抱負も口にした。(ロサンゼルス・笹田幸嗣通信員)

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月26日のニュース