巨人、育成右腕・堀岡を支配下登録候補に 2軍で防御率0・86

[ 2019年7月26日 05:30 ]

巨人の育成右腕・堀岡
Photo By スポニチ

 巨人の育成選手・堀岡隼人投手(20)が、31日の締め切りを前に、支配下登録の候補に挙がっていることが25日、分かった。

 堀岡は、青森山田から16年育成ドラフト7位で入団した右腕。故障もあって2年間は3軍生活が続いたが、今年6月以降は2軍に定着してセットアッパーを務める。150キロ前後の直球とスライダー、フォークなどの変化球が武器。2軍戦では計15試合で21回を投げ、本塁打を1本も許さずに防御率0・86と好成績を残している。この日もイースタン・リーグ、ヤクルト戦で3番手として登板して、1回を3者凡退に抑えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月26日のニュース