中日11失点大敗 マツダで開幕7連敗 与田監督「集中しないと」

[ 2019年7月26日 05:30 ]

セ・リーグ   中日4―11広島 ( 2019年7月25日    マツダ )

5回1死、菊池涼にソロ本塁打を打たれたロメロ (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 中日は11失点の大敗で今季ワーストの6連敗。先発ロメロが2被弾を含む4回1/3で5失点し、7回に救援した谷元も1死しか奪えず5失点。全4投手が計7四死球と精彩を欠いた。与田監督は「起用しているこっちの責任」と唇をかんだ。

 マツダでは開幕7連敗となり球団ワーストを更新。指揮官は「連敗を止めたい意識が強くなっている。一球に対する集中力を強くしないといけない」と表情を引き締めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月26日のニュース