DeNA・平良、7回途中1失点で3勝目「自分のピッチングをしようと心がけた」

[ 2019年7月26日 21:33 ]

セ・リーグ   DeNA2―1中日 ( 2019年7月26日    ナゴヤD )

<中・D>力投する先発の平良(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 DeNAは、先発の平良が6回2/3、96球を投げて、3安打1失点の好投で今季3勝目をマークし、チームは今季初の6連勝となった。

 平良は今季3勝目をマークできたことについて「良かったです。ほっとしています」と話し、「先制点を取ってもらって、しっかり自分のピッチングをしようと心がけていました」と振り返った。

 3回に先制点の口火となった左前打については「今年ヒットを打ててなかったので、打てて良かったです。2打席目も打ちたかったんですけど、しょうがないですね」。

 チームは今季初の6連勝。「チームの雰囲気は、とても良いです。まだこれからも続いていくので、もっと勝てるように頑張っていきます」と今後に向けて意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月26日のニュース