【隠しマイク】気温34度…巨人ビヤヌエバ「ジゴクミタイ」

[ 2019年7月26日 09:00 ]

巨人・ビヤヌエバ(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 ◎自身が練習を行う前、グラブを持って一塁に入った巨人・坂本勇。足を開いて送球を受けるようなしぐさをしながら「アルバイトしま~す!」。

 ◎テレビリポーターに「ちょっといいですか?」と呼び止められたロッテ・鳥越ヘッドコーチは「はい、何でしょう?年齢は48歳です」。聞きたいことは違うと思います。

 ◎数日前まで涼しかった仙台も夏の陽気。「暑い…」と漏らした記者に平石監督は「暑いって言葉を使うのはやめましょう。良い天気!野球日和!」。そう言われると、なんだか気持ちよく感じるような…。

 ◎ヤクルト・青木が片言の日本語で「スッゴイ、アッツイ」。バレンティンのモノマネみたいです。

 ◎岐阜の34・4度の暑さに巨人・ビヤヌエバは「ジゴクミタイ」。その日本語は誰に教わったんでしょうか。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月26日のニュース