阪神、菅野相手に初回無安打で先制 大山が左犠飛

[ 2019年7月26日 18:27 ]

セ・リーグ   巨人―阪神 ( 2019年7月26日    東京D )

<巨・神>初回1死二、三塁、大山は先制の左犠飛を放つ(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 阪神が無安打で先制した。初回、巨人先発のエース・菅野のから先頭の近本が死球で出塁。「2番・遊撃」で日本デビューとなった新助っ人・ソラーテもしっかりボールを見極めて四球を選んだ。

 糸井の遊ゴロで1死二、三塁となり、大山が先制左犠飛。前夜のDeNA戦で今永の前に完封負けを喫していただけに、幸先のいいスタートとなった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月26日のニュース