西武・松本航、新人最多タイ5勝目 6回1失点で3位浮上貢献

[ 2019年7月26日 05:30 ]

パ・リーグ   西武5―1楽天 ( 2019年7月25日    楽天生命パーク )

力投する松本航(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武・松本航が6回3安打1失点で5勝目。自己最多8奪三振の力投で、チームを3位に押し上げた。「先頭をしっかり打ち取ることができたのでいい方向にいった」。4回まで無安打投球。6回に浅村にソロを浴び1失点したが「直球も良かったし、変化球もいつもよりゾーンに投げられた」と振り返った。

 今月7日以来の先発だった。その間は直球を磨き直そうと、フォームを修正した。左足を勢い高く上げるフォームに変更し「勢いよく投げることができた」とうなずいた。球数が110球とかさみ、目標にしている7回にはまたも届かなかったが、この白星でDeNA・上茶谷、大貫に並び、新人では12球団最多タイとなった。「凄く勝たせてもらっているので、しっかり投げて勝ちがもぎ取れるようになれば」と次の1勝を見据えた。(武本 万里絵)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月26日のニュース