DeNAロペスまたV打「気持ちを切り替えた」後半戦7勝中6度目

[ 2019年7月26日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA6―0阪神 ( 2019年7月25日    甲子園 )

3回2死一、二塁、左前に先制適時打を放つロペス(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 DeNA・ロペスがまたV打だ。0―0の3回2死一、二塁から左前適時打。初回1死一、二塁で迎えた第1打席は外角直球に見逃し三振に倒れていたが「1打席目は感触が悪かったので、2打席目は気持ちを切り替えて打席に向かった。

 先制点を取ることができてうれしい」と笑顔。後半戦7勝中、6度目の勝利打点となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月26日のニュース