日本ハム矢野コーチ、現役時代から愛される存在 大田「電話で悩み聞いてくれる」

[ 2019年7月26日 09:30 ]

日本ハム・矢野謙次チーム統轄本部特命コーチインタビュー

試合前練習前に西村とグータッチを交わす矢野特命コーチ(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 【取材後記】面倒見が良く現役時代から後輩に慕われた日本ハム・矢野コーチ。今回も札幌ドームに姿を現すと大田、西川、近藤ら主力の野手だけでなく、西村、堀ら若い投手も次々に駆け寄りあいさつしていた。米国に滞在中も映像でナインの打撃を細かくチェック。巨人時代も含め10年以上も世話になっている大田は「米国にいても電話で悩みを聞いてくれる。自分にとって本当に大きな存在」と感謝する。

 次回の3度目の米国滞在を終えて帰国するのはシーズン佳境の9月中旬。ムードメーカーでもあるだけに、チームを優勝に向けて後押しする存在となるかもしれない。(山田 忠範)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月26日のニュース