トヨタ 社長応援も3年ぶり頂点ならず、指揮官「ミスから失点」

[ 2019年7月26日 05:30 ]

第90回都市対抗野球大会最終日 決勝   トヨタ自動車4―6JFE東日本 ( 2019年7月25日    東京D )

<JFE東日本・トヨタ自動車>4回の攻撃終了後、トヨタ自動車の豊田章男社長が自ら壇上に上がり気勢を上げる(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 トヨタ自動車は3年ぶりの優勝には届かなかった。準決勝に続いて豊田章男社長(63)がスタンドに応援に駆けつけ、7回には4番・沓掛(くつかけ)の右翼線二塁打で2点差まで詰め寄ったが、あと一歩及ばず。藤原航平監督は、「ミスから失点になっている。目指した野球はできなかった」と、悔しさを隠さなかった。

 4番手で登板した佐竹は、2回を無失点で切り抜け、久慈賞を獲得。36歳のベテラン右腕は「さらにレベルアップして、帰ってきたい」と、早くも来年を視野に入れた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月26日のニュース