マー君 3回1/3を12安打12失点で6敗目、防御率は4・00→4・79に“急落”

[ 2019年7月26日 11:37 ]

ア・リーグ   ヤンキース3―19レッドソックス ( 2019年7月25日    ボストン )

<レッドソックス・ヤンキース>先発し初回に7失点するなどしたヤンキース・田中将大投手(AP)
Photo By AP

 ヤンキース・田中将大投手(30)が25日(日本時間26日)、敵地ボストンでのレッドソックス戦に先発登板。初回に7失点するなど3回1/3を投げて12安打12失点(自責12)で、今季6敗目(7勝)を喫した。大量失点で防御率は4・00から4・79に“急落”。チームは3―19で敗れた。

 田中は初回、左前打と四球で無死一、二塁としボガーツに左越え3ランを被弾。さらに2死満塁からブラッドリージュニアに右翼線2点二塁打されるなどして、この回7点を失った。さらに4回に4失点し1死二塁となったところで降板した。

 前回登板の20日(同21日)のロッキーズ戦は6回7安打5失点で7勝目(5敗)をマーク。日米通算170勝目(日本99勝、メジャー71勝)となり、日本投手では現役最多の中日・松坂、巨人・岩隈に並んでいた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月26日のニュース