【和歌山】箕島敗退、尾藤監督が退任表明「私はこれで終わり」

[ 2019年7月26日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 和歌山大会準々決勝   箕島2―7熊野 ( 2019年7月25日 )

<箕島・熊野>ベンチから指示を送る箕島・尾藤監督(右端)
Photo By スポニチ

 箕島(和歌山)・尾藤強監督(49)は25日、和歌山大会準々決勝で敗れた後、退任を表明した。大会前から今夏限りとして学校、OB会など関係者で合意しており「私はこれで終わり」と語った。箕島監督として春夏通算4度の全国制覇を果たした公氏(11年他界)の長男で、13年3月に就任。同年夏に29年ぶりの甲子園出場に導いたが、その後は低迷していた。後任は現副部長の北畑清誠氏が就任する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月26日のニュース