DeNA、今季初の6連勝!平良、7回途中3安打1失点の好投 中日は2年ぶり7連敗

[ 2019年7月26日 21:08 ]

セ・リーグ   DeNA2―1中日 ( 2019年7月26日    ナゴヤD )

3回表2死二塁、筒香は先制となる右中間2ランホームランを放つ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 DeNAは、先発の平良が6回2/3、96球を投げて、3安打1失点の好投で今季3勝目をマークし、チームは今季初の6連勝となった。敗れた中日は、17年以来2年ぶりの7連敗。

 平良が降板後は、中後、三嶋、パットンと無失点リレー。9回に登板した山崎が今季22セーブ目をマークした。

 打線は、3回2死二塁で筒香の18号2ランで先制に成功。このリードを守って勝利に繋げた。

 中日は、先発の柳が7回110球を投げて、4安打2失点の粘り強い投球を見せていたが、今季4敗目で自身初のシーズン2桁勝利を飾ることは出来なかった。2点リードされた7回にビシエドの12号ソロで1点返すも反撃及ばず、7連敗となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月26日のニュース