DeNA・ラミレス監督 チーム内の首位打者争い 梶谷は「最多安打のタイトルも出てくる」

[ 2020年10月28日 14:25 ]

DeNA・ラミレス監督
Photo By スポニチ

 DeNA・ラミレス監督が試合前の取材で、佐野と梶谷の首位打者争いについて言及。

 2人は試合前の時点で402打数132安打の打率・328と、全く同じ数字でリーグ首位で並んでいる。しかし佐野は左肩脱臼で離脱中。仮に梶谷が残り10試合を欠場すれば、同一球団での同時首位打者という史上初のケースとなる。

 ラミレス監督は「残り3試合とかなら(梶谷を)休ませるというのもあるが…」。さらに「梶谷は残り10試合なら40~45打席はある。彼には最多安打のタイトルも出てくる」と、試合前の時点で大島(中日)を4本差で追う最多安打を狙うためにも、打席が必要だとした。

 「それにAクラス、2位を狙って戦うということもある」とラミレス監督。このまま梶谷は起用を続け、結果は神のみぞ知る…となりそうだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月28日のニュース