DeNA・伊勢 2回1失点で3勝目、白星は全て10月「培った勝ち運が出てきたかな」

[ 2020年10月28日 22:49 ]

セ・リーグ   DeNA10―6巨人 ( 2020年10月28日    横浜 )

<D・巨>3勝目を挙げたDeNA2番手の伊勢(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 今季のドラフト1位・森、同2位・坂本、同3位・伊勢が初めてそろい踏みした試合で、伊勢が2回を2安打1失点。今季3勝目を手にした。

 勝ち星は全て10月に挙げたもので「今まで培った勝ち運が出てきたかな」と笑った。

 4点リードの4回にマウンドへ。「守りのリズムもいまいちだったし、最初の回は3者凡退でいきたかった」という狙い通り、7番からの攻撃を3者凡退に。

 5回は無死満塁とされたが、岡本を三ゴロ併殺打。もう少しで三重殺という結果に「岡本さんを内野ゴロにとれたのは大きい」と振り返った。

 26日のドラフト会議で1位指名された入江は明大の1学年後輩。「本当に仲良しで、お友達みたいな感じ」と話した伊勢は、「(指名されて)うれしかった。おめでとうと連絡をした」

 再び同じチームでプレーすることを心待ちにしている一方で、「先輩としていい姿を見せないと、という気持ちになった」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月28日のニュース