【ファーム情報】楽天 2年連続イースタンV、西武・多和田 7回途中2失点で初白星

[ 2020年10月28日 17:35 ]

イースタン・リーグ優勝を決めて胴上げされる楽天・奈良原2軍監督(球団提供)
Photo By 提供写真

 プロ野球のファームは28日、イースタン、ウエスタン両リーグで計5試合が行われた。

 楽天は巨人戦(ジャイアンツ)に7―0で完封勝利。2年連続のイースタン・リーグ優勝を果たした。ドラフト2位・黒川(智弁和歌山)が初回の先制6号ソロなど2安打4打点。育成選手の耀飛が3安打を放った。先発・西口は7回3安打無失点の好投で3勝目(2敗)。巨人先発の育成選手・山川は2回2/3を4安打4失点で2敗目(4勝)を喫した。

 西武はDeNA戦(横須賀)に5―2。自律神経失調症から復帰した先発・多和田が6回2/3を7安打2失点(自責0)で1勝目(2敗)を挙げた。山田が2安打1打点。DeNA先発・阪口は1回2安打1失点。細川が6回にリーグ単独トップの13号2ランを放った。

 ロッテはヤクルト戦(戸田)に4―3。先発のドラフト4位・横山(専大松戸)は3回2/3を5安打2失点。ドラフト3位・高部(国士舘大)が3安打を放った。ヤクルト先発・山田大は4回9安打4失点で。中山が2安打1打点。

 オリックスはソフトバンク戦(オセアンBS舞洲)に1―0。先発のドラフト1位・宮城(興南)が6回5安打8奪三振無失点の好投で6勝目(2敗)を挙げた。ソフトバンク先発・スチュワートは6回2安打1失点(自責0)で7敗目(3勝)。三森が2安打。

 阪神は中日戦(鳴尾浜)に2―1。先発・横山が7回2/3を2安打1失点で4勝目(2敗)。小幡が2安打を放った。中日先発・山本は5回6安打1失点。石垣が5回の4号ソロなど2安打。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月28日のニュース