阪神ドラ2伊藤、指名あいさつに「実感が湧きます」

[ 2020年10月28日 13:22 ]

<阪神2位・JR東日本伊藤指名あいさつ>JR東日本東京支社を訪れた阪神・畑山統括スカウト(右)とあいさつを受ける伊藤(左)と浜岡監督(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 阪神からドラフト2位で指名されたJR東日本の伊藤将司投手(24)が28日、JR東日本東京支社で指名あいさつを受けた。

 約30分の会談を終えた伊藤は矢野監督のサイン入りのドラフト会議IDを受け取り、「プロ野球に行くという実感が湧きます」と笑顔を浮かべた。指名後には友人らから200~300件の祝福連絡がメールなどであったといい「寝ずに全部返しました」と周囲の祝福に感謝していた。

 担当の平塚克洋スカウトも「コントロールがよくてゲームメイクに長けている投手」と即戦力として期待を込めていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月28日のニュース