広島・大盛 先発起用に応える適時三塁打 「選手層厚いが、上を目指して頑張るだけ」

[ 2020年10月28日 05:30 ]

セ・リーグ   広島2-0ヤクルト ( 2020年10月27日    マツダスタジアム )

<広・ヤ21>3回1死三塁、田中広の一ゴロ野選で生還した大盛はナインに迎えられる (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島の大盛が9日ヤクルト戦以来となる先発起用に応えた。

 3回1死三塁の先制機で高梨の高め直球を捉え左越えに適時三塁打。続く田中広の一塁へのゴロで俊足を生かして野選を誘い2点目のホームを踏んだ。

 「最低限、犠飛でいいという気持ちでいった。高めに目つけし、上から(球を)つぶすことができた」。

 打撃が下降線を描き、近況は代走や守備固めが主。「外野の選手層は厚いけど、上を目指して頑張るだけ」と名誉挽回を誓っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月28日のニュース