ソフトB・栗原“主力で初V”飛躍遂げた6年目「少しは自信になった」

[ 2020年10月28日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク5-1ロッテ ( 2020年10月27日    ペイペイD )

<ソ・ロ>4回2死、中前打を放った栗原(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの高卒6年目の栗原は飛躍を遂げたシーズンとなった。

 昨季まで1軍で通算46試合の出場にとどまっていたが「2番・一塁」で開幕スタメンの座をつかむと、サヨナラ打で白星発進に貢献。捕手登録ながら好打で欠かせない存在となり、14本塁打でチーム2位68打点を叩き出した。

 「うれしかったのが一番。ここまでできたのは自分の中では少し自信になった」と主力として初の優勝を喜んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月28日のニュース