DeNA 19年ドラ1・森 代打でプロ初打席二塁打「うれしかった」 初打席初安打は17年細川以来

[ 2020年10月28日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA9ー2巨人 ( 2020年10月27日    横浜 )

<D・巨>8回1死、プロ初打席で二塁打を放つDeNA・森
Photo By スポニチ

 DeNAの1軍に初昇格したドラフト1位・森がプロ初打席初安打を放った。

 8回1死から代打で出場し、ビエイラの154キロ直球を左翼フェンス直撃の二塁打。二塁ベース上では坂本勇から祝福の言葉も掛けられ「うれしかったです。絶対に打つぞという気持ちだった」と端正なマスクをほころばせた。

 新人の初打席初安打は、球団では17年細川以来3年ぶり。ラミレス監督は「(ビエイラは)速球を連発する投手なので、あそこで代打はかわいそうかなとも思ったが、見事に結果を出してくれた」と目を細めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月28日のニュース