2位のロッテは千賀攻略できず敗戦 痛い和田のけん制死 3位の西武とのCS争い激化

[ 2020年10月28日 20:45 ]

パ・リーグ   ロッテ0―2ソフトバンク ( 2020年10月28日    ペイペイドーム )

<ソ・ロ>8回1死一、三塁、打者・中村奨の時に一走・和田はけん制死(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ロッテは終盤の好機を生かせず零敗を喫した。

 0―1で迎えた7回1死二塁では、田村が見逃し三振、鳥谷が二ゴロに倒れる。0―2となった8回も1死一、三塁のチャンス。一塁は代走・和田を起用したが、その和田が千賀の一塁けん制で痛恨のアウトとなり、打者・中村奨も空振り三振に倒れた。

 9年ぶりに日本球界に復帰したロッテのチェン・ウェインが8回2失点と好投。ロッテでの初登板から3試合連続でクオリティースタート(6回以上投げ自責点3以下)と試合を作ったが、打線が援護できなかった。

 西武とは試合前時点で2ゲーム差。今年はパ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)はファイナルステージしかないため、2位を死守しないと、リーグ優勝を決めたソフトバンクへの挑戦権はない。ロッテは残り10試合。激しい2位争いとなりそうだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月28日のニュース