阪神・藤浪「先発か中継ぎか分からないが次回につながる」4回自責点0の内容に手応え

[ 2020年10月28日 19:59 ]

セ・リーグ   阪神―中日 ( 2020年10月28日    甲子園 )

<神・中>阪神先発・藤浪のピッチング(撮影・成瀬 徹)  
Photo By スポニチ

 4回2安打1失点(自責0)と好投した阪神・藤浪は9月13日の先発マウンドを「久しぶりの長いイニングで初回は少しバタバタしてしまいましたが、その後は粘ることができたかなと思います」と振り返った。76球を投げての降板。今後は先発復帰の可能性も浮上する中で「次回は先発か中継ぎか分からないですが、どちらであっても次回につながるピッチングができたかなと思います」と手応えを強調した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月28日のニュース