阪神・藤川が“あと1人”の9回に登板 藤浪から始まった7人リレー締めくくる

[ 2020年10月28日 21:27 ]

セ・リーグ   阪神9―1中日 ( 2020年10月28日    甲子園 )

<神・中>9回 あと一人から登板する藤川(撮影・成瀬 徹)  
Photo By スポニチ

 今季限りでの現役引退を表明している阪神・藤川が、再昇格3度目の登板を果たした。8点リードの9回2死で谷川からバトンを受け“あと1人”の場面で矢野監督が交代を告げ、おなじみの登場曲が流れると場内は大歓声。迎えたシエラを2球目の145キロ直球で一邪飛に仕留めた。リードした展開で試合を締めくくるのは7月9日の巨人戦で今季2セーブ目を挙げて以来。慣れ親しんだ“場所”で最後のアウトをつかみ取り、藤浪から始まった7人による継投の“トリ”を飾った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月28日のニュース