巨人・大竹が実戦復帰 2軍戦で1回無安打無失点「もっと状態を上げて1軍の戦力に」

[ 2020年10月28日 14:52 ]

イースタン・リーグ   巨人―楽天 ( 2020年10月28日    ジャイアンツ球場 )

巨人の大竹
Photo By スポニチ

 腰の張りでリハビリ中だった巨人・大竹寛投手(37)が28日、実戦復帰。4回から登板し、1回無安打無失点に抑えた。

 最速143キロを計測。フェルナンドを遊直、松本を中飛、耀飛を左飛に打ち取った。「まっすぐ、変化球ともにしっかりと腕を振って投げることができました。もっと状態を上げて1軍の戦力になれるように頑張ります」とコメントした。

 今季は26試合に登板し、防御率1・64で1勝15ホールド。9月27日に出場選手登録を抹消されていた。宮本投手チーフコーチは前日のDeNA戦後、「今週2試合くらい投げて合流という形になると思います」と話していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月28日のニュース