DeNA・坂本 リード守れず3回4失点で降板、岡本に同点3ラン被弾「中継ぎ陣に申し訳ない」

[ 2020年10月28日 20:21 ]

セ・リーグ   DeNA―巨人 ( 2020年10月28日    横浜 )

<D・巨>3回2死一、二塁、岡本(右)に左越え3ランを浴びた坂本(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 今季5勝目を狙って先発したDeNAのルーキー・坂本だったが、3回3安打4失点で降板となった。

 初回に4点の援護点をもらったが、2回に内野ゴロの間に1点。

 3回には2四球で2死一、二塁とし、4番・岡本に同点3ランを被弾した。

 カウント2ボールから3球目のカットボールが甘く入り、痛恨の一発。その裏の攻撃で代打を送られ降板し、「初回から援護してもらったにも関わらず、試合を作ることができず、序盤で降板することになりチーム、中継ぎ陣に申し訳ないです」と悔しがった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月28日のニュース