レイズ・アロザレーナ PS10本塁打目の本塁打!自身のメジャー記録更新 初回に先制右越えソロ

[ 2020年10月28日 09:11 ]

ワールドシリーズ第6戦   レイズ―ドジャース ( 2020年10月27日    アーリントン )

<ドジャース・レイズ>初回1死からPS10本塁打目となる右越えソロを放ったレイズ・アロザレーナ(AP)
Photo By AP

 大リーグのワールドシリーズ(WS、7回戦制)、ドジャース―レイズ第6戦が27日(日本時間28日)、米テキサス州アーリントンで行われ、レ軍の新人、ランディ・アロザレーナ外野手(25)が初回に、自身のメジャー記録を更新するポストシーズン(PS)通算10本目の本塁打を放った。

 初回1死からド軍ゴンソリンの外角スライダーをジャストミート。ライナー性の打球は、グングンと伸び右翼フェンスを越えた。PS20試合で28安打目でもあり、PS最多安打記録も更新した。

 さらに5回2死からは4番手右腕バエスから左前打し、PS29安打とした。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月28日のニュース