阪神・大山が価値あるタイムリー キング争い岡本に1本差つけられるも4番の意地

[ 2020年10月28日 20:06 ]

セ・リーグ   阪神―中日 ( 2020年10月28日    甲子園 )

<神・中>5回1死三塁、大山は中前適時打を放つ(撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 阪神・大山が勝負強さを発揮し追加点を叩き出した。1点を勝ち越した直後の5回1死三塁で中前適時打。この日、巨人・岡本が27号3ランを放ち、リーグトップを争う本塁打、打点王争いでも差をつけられたものの、すぐに1打点を記録し意地を見せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月28日のニュース