ソフトバンク・周東が11試合連続盗塁のプロ野球タイ記録、「世界の盗塁王」福本豊に並んだ

[ 2020年10月28日 18:53 ]

パ・リーグ   ソフトバンクーロッテ ( 2020年10月28日    ペイペイD )

<ソ・ロ>3回2死一塁、打者・川島の時に一走・周東は二盗成功。11試合連続盗塁成功の日本記録に並んだ(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの周東佑京内野手(25)が3回に二塁盗塁に成功。11試合連続盗塁となり、1971年と1974年に記録した福本豊(阪急)に並んだ。

 「1番・遊撃」で先発出場。3回2死一塁で、2番の川島の打席でスタートを切り、チェン・ウェインの一塁けん制で挟まれる形になったが、迷わず二塁へ。二塁転送の送球より早く、二塁へ滑り込んだ。周東の今季盗塁数は両リーグトップの47となった。

 3年ぶりのリーグ優勝が決まった27日のロッテ戦で島野育夫(南海)が73年に記録した9試合連続を更新し「もう、走れるだけ走ろうと。何個、とか決めずに走れるだけ走っていく」と話していた。その言葉通りに決めた。

 この時点で10月は月間21盗塁となり、歴代7位タイ(1位は1972年8月の福本豊の27)となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月28日のニュース