DeNA・梶谷は5打数2安打 打率1厘上げ今季初のリーグ単独トップ、最多安打も視野に

[ 2020年10月28日 21:49 ]

セ・リーグ   DeNA10―6巨人 ( 2020年10月28日    横浜 )

<D・巨>8回無死、左前打を放つ梶谷(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 DeNA・梶谷が5打数2安打。打率を1厘上げて・329とし、今季初めてリーグ単独トップに立った。

 初回に先頭打者として右前打。この回4点の口火を切ると、8回にも先頭打者として左前打を放ち、相手の捕逸で9点目のホームを踏んだ。

 梶谷は広報を通じて「特にコメントすることはありません」とクールな反応。

 打率トップに加え、最多安打のタイトルでもトップの大島(中日)に2本差に迫る134安打。

 これまで盗塁王には輝いているが、打撃タイトルはなし。残り9試合で「2冠」を狙う。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月28日のニュース