ドジャース・ロバーツ監督 日系人指揮官初の世界一!7投手、絶妙継投で勝利に導く

[ 2020年10月28日 13:46 ]

ワールドシリーズ第6戦   ドジャース3―1レイズ ( 2020年10月27日    アーリントン )

歓喜するドジャースのロバーツ監督(AP)
Photo By AP

 大リーグのワールドシリーズ(WS、7回戦制)、ドジャース―レイズ第6戦が27日(日本時間28日)、米テキサス州アーリントンで行われ、ドジャースが3―1で勝利。32年ぶりの頂点を勝ち取り、デーブ・ロバーツ監督(48)が日系人監督で初めて世界一に輝いた。

 ロバーツ監督は、沖縄生まれの日系人で、16年にドジャースの指揮官に就任。就任初年度には最優秀監督賞を受賞した。

 この日は、7投手の継投でレイズ打線を1得点に抑える采配を見せた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月28日のニュース