混合ダブルス渡辺・東野組、逆転で日本勢先陣白星 福島・富岡高の先輩・後輩コンビ粘った

[ 2021年7月25日 05:30 ]

東京五輪第2日 混合ダブルス1次リーグC組   渡辺・東野組2-1クリスティアンセン・ボイエ組 ( 2021年7月24日    武蔵野の森総合スポーツプラザ )

 混合ダブルス1次リーグでデンマークペアに勝利し喜ぶ渡辺(右)、東野組
Photo By 共同

 混合ダブルスの渡辺・東野組がデンマークのペアに2―1で逆転勝ちし、日本勢の先陣を切って白星発進した。

 格下相手に第1ゲームを落としたが、第2ゲームで圧倒。最終ゲームも粘って21―15と突き放した。男子ダブルスとの2種目制覇を掲げる渡辺は「取られても取り返すという気持ちは折れずにプレーできた」と納得の表情。東野も「一戦一戦、2人で楽しんでいきたい」と次戦を見据えた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月25日のニュース