石島・白鳥組は黒星スタート ポーランドのペアにストレート負け

[ 2021年7月25日 11:30 ]

東京五輪第3日 ビーチバレー ( 2021年7月25日    潮風公園 )

第1セット、スパイクを決める石島(右)、白鳥組
Photo By 共同

 男子1次リーグがスタートし、F組の石島雄介(37)白鳥勝浩(33)組(トヨタ自動車)は初戦でカントル、ウォシャク組(ポーランド)に0―2とストレート負けを喫し、黒星スタートとなった。

 ウォシャクの速いサーブに崩され、カントルのブロックのブロックに封じられた。第1セットは15―21、第2セットは14―21だった。次戦は27日にルーポ、ニコライ組(イタリア)と戦う。1次リーグは24チームが参加し、6組に分けられて総当たり戦を実施。各組2位までと3位のうち4チームが決勝トーナメントに進む。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月25日のニュース